2011年12月16日金曜日

Cafe de 柿ん木(神木本町)

目下、不動産探しに足を棒にしています。タイムリミットは近いのに、焦る焦る・・・

そんな時、現在の事務所を仲介してくださった不動産屋さんが、おすすめのお店があるということで、ランチにご招待してくださいました。なんとラッキー!

そのお店は、事務所から車で10分弱の「Cafe de 柿ん木」。神木本町の東高根森林公園のほぼ隣に、ひっそりと立っています。柿の木があるから、この名前。1階がガラスに囲まれたほっとする明るいお店。2階はデザイナーズアパートメント。素敵です。


小さい頃はこの公園に家族でよくピクニックに来たものです・・・。今では、この公園でお散歩をしている人がモーニングを食べに寄ることができるという、貴重なお店です。近所の人は、いいなぁ。

金曜日の12時頃は、予約で満席です。すごい!いわゆる不便なところで・・・。飲食店を出すのに、場所は関係ない、というのがご主人の持論。確かにそれが証明されています。皆さん、遠くからでもやってくるんですね。駐車場は、その分、5台は確保しているそうです。確かな味を提供しているか、中身で勝負。とのこと。


そのお味がこちら。トロトロ豚の丼でした。たっぷりのお野菜(自家製)に文字通りトロトロのお醤油味の豚バラ。ゆで卵まで入っているのがにくいです。ご飯の量も絶妙で、ちゃんとお客さんを見て出しているんだろうなぁーと思ってしまう。生野菜のサラダもたっぷりだし、白味噌のお味噌汁は甘くてあったかいし・・・。あぁ、満たされてごちそうさまでした。丁寧にいれたコーヒーもつきます。

お味もさることながら、店主の人柄も大切なポイントですよね。はきはきとして、ぶれないまっすぐさを感じさせるご主人と、お母さんみたいな奥さん、素敵な娘さん。また会いに来て、お茶を飲みたいなー、と思ってしまいます。

何でも聞いていいよ!と、初対面にも関わらずおっしゃってくださいました。ありがとうございます!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿