2012年8月6日月曜日

孤食をなくそう、その前に農家さんに会いに行こう

専修大学インターンシップの学生と、農家さんを訪問しました。
地域の孤食を減らすという課題の元、
高齢の人に向けて、コミュニティづくりのための野菜教室を企画しています。

教室で地元の野菜について知ってもらい、メサ・グランデに集まってもらい、
食事をしていただくことで、仲間作りができるんじゃないか、それが孤食の解決の一助になるんじゃないか?というねらいでございます。

農家さんとお話をしたいという希望があったので、
若いメンバーが畑にいくんなら、お手伝いもしたらどうだい?ということになりまして、
畑にお手伝いにきました。チームがみな集まりました。

野菜の旬の時期と、計画している講座の時期がうまく合わず、
計画通りにいかなかったようですが、畑の体験、農家さんとの会話など、
楽しんでくれたようです。
ささげの収穫を今回行いました。8月にはカラカラになったさやが、
たくさん並んでいます。
とても暑い日でした。でも、あまり体験の無い、川崎という街での農作業に、
楽しく取り組んでくれました。
収穫しても、たくさーんあって、気が遠くなってしまいました。

お疲れ様でした。
いい企画ができるとよいね!

0 件のコメント:

コメントを投稿