2012年10月20日土曜日

10/22の献立 と 体の奥から声が聞こえてきます


10/22
    庄内余目産玄米または国井産白米
季節野菜のお味噌汁
トマトを使って洋風肉じゃが
鰆のマスタードソース焼き、焼きプチトマト添え
かぼちゃとサツマイモの素揚げ 自家製バジルソース
ごぼう入りひじきの煮もの
干しにんじんのにんにく味噌風味
おだしたっぷり玉子焼き




今日は、末長の中山さんから、とっても生きのいい
葉つきのカブが入りました。うぁー、おいしそう。

また、ミニ青梗菜、ルッコラ、からし菜なども。
葉っぱものがついに復活です。

ずっと地元の野菜を食べていると、夏の間は葉っぱが
ないので、そろそろ食べたいなーと思っていました。

3月ごろには、「もう、ホウレンソウも小松菜も飽きた!」
と思っていたのですが、トマトやきゅうり、なすにも
飽きると、今度は葉っぱや根っこが恋しくなるのです。

真夏の暑いときは、やっぱり体を冷やすトマトやなす
きゅうりが食べたくなるように、

体を温める必要が出てきた今、それに対応して
自然が恵みをもたらしてくれるのですね。

川崎の農業は規模が小さく、少量ずつ多品種の野菜を
栽培していますので、その時々の旬野菜を食べていると、
体が何を必要としているのか、奥からの声(本能?)が
目覚めてくるように感じます。

0 件のコメント:

コメントを投稿