2013年2月28日木曜日

JICA研修、ベトナムの皆様を迎えました

2月27日(水)のワンデイシェフは「伊豆海」さんのランチでした。
この日は、いつも通りのランチ営業とともに、JICAの研修の皆様もお迎えしてにぎやかでした。

「伊豆海」さんはベトナムの皆様の口にも合いそうなメニューを考えてくださり、海鮮風味のニョッキをはじめ、桜色のきれいなムースまで、美しいメニュー構成で臨んでくれました。

通常のお客様に加え、研修の皆さんの分16食分とあって、いつも以上に忙しくはありましたが、皆さんに喜んでいただき、とても充実したワンデイシェフランチでした。

伊豆海さん!頑張ってくださってありがとうございました!
英語で料理の紹介をする姿!かっこよかったです。

















ランチの後は、休憩をはさんで、「メサ・グランデ」のプレゼンテーションを聞いていただきました。
今回の研修のテーマは「住民参加型コミュニティ開発」ということで、自治体と市民やNPOとの共働などに関心があるということでしたので、これまでのNPO法人ぐらす・かわさきとしての活動の基本的取り組み紹介に始まり、共働の実績、特にこの「メサ・グランデ」の紹介に力を入れました。

 
メサ・グランデの事業の一部は、今年の3月いっぱいまでは神奈川県の新しい公共の場づくりのためのモデル事業として、NPO法人ぐらす・かわさき、川崎市、川崎商工会議所が連携して取り組んでいます。
このような事業連携をNPOから行政に提案すること自体が、ベトナムの皆さんには刺激的だったようでした。


こんな素敵なストールをお土産にいただいてしまいました。

ベトナムのみなさん!
地域づくり、頑張ってください!

 

0 件のコメント:

コメントを投稿