2013年3月10日日曜日

3/11の献立 と パワフルのらぼう

3/11 庄内余目産 玄米または白米
季節野菜のお味噌汁
マーボ豆腐 または 鮭の自家製塩麹蒸し焼き
大介さんの大根の旨煮
慶三さんののらぼうの和え物
慶三さんの赤かぶ漬け
おだしたっぷり玉子焼き


のらぼうというお野菜に初めて出会ったのは、地元野菜専門店
ででした。5年前のことです。

それくらい、ローカルなお野菜。なのだけど、知らないお野菜。
なぜなら、あまり出回っていないからなのでしょう。

実は江戸時代に既に栽培されていたことが知られているとか。
痩せた土地でも育つため、飢饉を救ったというお話もあります。

すごいですね。どれだけパワーのあるお野菜なんだ。
しかも食べてみると、甘くてクセがなくて、柔らかいのです。

一度食べると、はまってしまって、リピートする人も多いのですよ。
月曜日、メサのランチでお試しくださいね。

~~~~

メサ・グランデのお料理は、毎朝一番に昆布・鰹混合だしを取ることから始まります。昆布などはもちろん国産です。

献立は、野菜は地元(川崎市)で採れた、農家さん直送のものを生かせるように、毎日、考えています。

肉類、魚、タマゴは国内の生産者が丹精込めて育てたもの。(鶏肉は群馬チキンフーズによる、無投薬・非遺伝子組換え飼料で育った健康な鶏。
豚肉は平田牧場のブランド豚「三元豚」。
タマゴは鹿川ファームでポストハーベストフリー、非遺伝子組換え飼料で育った健康な親鳥が産んだ無洗卵。)

米は山形県庄内の余目地区の特別栽培米。
調味料類は各メーカが非遺伝子組み換え・国産原料を使って伝統製法を守りながら作ったものを中心に。

0 件のコメント:

コメントを投稿