2013年3月12日火曜日

3/14の献立 と ブロッコリー500個

3/14 庄内余目産 玄米または白米
季節野菜のお味噌汁
鶏肉とかぼちゃのごま煮 または  大根と小町麩の麻婆風
ほうれん草とにんじんの塩麹ナムル
ブロッコリーの和えもの
山形月山農場のお漬物
おだしたっぷり玉子焼き

清行さんの畑で、先週の日曜日、ブロッコリーが500個採れたそうです。
500個/日!

清行さんと奥さんとお母さん、せいぜい3人でしたのだと思いますが・・・
そんなに一気に収穫して、腰が痛くなっただろうな・・・。
でも、1日置いたってどんどん大きくなってしまうので、採らないわけに
いかないのだそうです。
最近は、こぢんまりとした野菜が売れる傾向があると、他の農家さん
もおっしゃってました。家族の人数が少ないからでしょうか。

清行さん宅の軒先の直売所だけではそんなに買っていく人はいないし、
500個を全部買い取ってくれるようなスーパーもないようで、
当店にはその一部が来たのです。でも、当店のお客さんも一日にそれほど
たくさんいらっしゃる訳ではないので、売れる数が決まってきます。
とっても立派で瑞々しくて、美味しいブロッコリーなのに。
地元で捌けない分は、市場に持っていくのだそうです。

よく考えたら、川崎市の人口、いや、中原区・高津区とか新城の人口で
考えたって、500個は多くないです。
多くのお客さんが、「新鮮な地元のお野菜が食べたい、魅力的」と言って
いらっしゃいます。そんなお野菜を買える場所が、麻生区の黒川にある
セレサモス以外にも、川崎市の中ほどの場所にもあるんですということ
もっと知ってもらわなくては・・・と思います。

そういうわけで、今日もブロッコリー美味しくお召し上がりください。
~~~~
メサ・グランデのお料理は、毎朝一番に昆布・鰹混合だしを取ることから始まります。昆布などはもちろん国産です。
献立は、野菜は地元(川崎市)で採れた、農家さん直送のものを生かせるように、毎日、考えています。

肉類、魚、タマゴは国内の生産者が丹精込めて育てたもの。(鶏肉は群馬チキンフーズによる、無投薬・非遺伝子組換え飼料で育った健康な鶏。
豚肉は平田牧場のブランド豚「三元豚」。
タマゴは鹿川ファームでポストハーベストフリー、非遺伝子組換え飼料で育った健康な親鳥が産んだ無洗卵。)

米は山形県庄内の余目地区の特別栽培米。
調味料類は各メーカが非遺伝子組み換え・国産原料を使って伝統製法を守りながら作ったものを中心に。

0 件のコメント:

コメントを投稿