2013年3月22日金曜日

3/23の献立 と 菜の花の昆布締め


3/23 庄内余目産玄米または白米
季節野菜のお味噌汁
鶏胸肉のロール または 鮭の南蛮漬け
慶三さんの菜の花の昆布締め、 青森産ごぼうのコンフィ
慶三さんの赤かぶの甘酢漬け、 おだしたっぷり玉子焼き

慶三さんが一押ししていらっしゃる、菜の花を・・・昆布締めにしてみました。


さくらが満開を迎えた川崎の、お花見日和な土曜日に是非召し上がっていただきたい、春らしい一品になりました。

昆布の「Umami」(国際的にうまみの存在が認められたとか・・・)を吸った、ほろ苦い菜の花は、ちょっとお酒にも合いそう。

当店ではこだわりの純米吟醸酒を常においていますが、それとぴったり来そうです。

風の森
奈良県 油長酒造
今日も美味しく召し上がってください。


~~~
メサ・グランデのお料理は、毎朝一番に昆布・鰹混合だしを取ることから始まります。昆布などはもちろん国産です。献立は、野菜は地元(川崎市)で採れた、農家さん直送のものを生かせるように、毎日、考えています。
肉類、魚、タマゴは国内の生産者が丹精込めて育てたもの。(鶏肉は群馬チキンフーズによる、無投薬・非遺伝子組換え飼料で育った健康な鶏。豚肉は平田牧場のブランド豚「三元豚」。

米は山形県庄内の余目地区の特別栽培米。
調味料類は各メーカが非遺伝子組み換え・国産原料を使って伝統製法を守りながら作ったものを中心に。

0 件のコメント:

コメントを投稿