2013年3月28日木曜日

3/29の献立 と 杉桶の酢


3/29 庄内余目産玄米または白米
季節野菜のお味噌汁
鶏もも肉の酢照り焼き または 魚のハーブマヨ焼き
慶三さんの大根の胡麻煮
清行さんのねぎの冷菜
山形月山農場のお漬物
おだしたっぷり玉子焼き

今日はお肉のメインとして、鶏もも肉の酢照り焼きをお出ししています。群馬チキンフーズからの仕入れです。鶏たちはストレスの少ない環境で育てられ、遺伝子組み換えのない餌を食べています。

こってり味の照り焼きはがっつりご飯の定番ですが、酢を使うことで、かすかに香りがついてさっぱり美味しく召し上がれると思います。この酢は、千葉県鎌ヶ谷市の私市醸造のもので、伝統的な杉桶で2ヵ月かけて作っているという、リンゴ酢配合のマイルドなお酢です。近年はステンレスの大型タンクで短期間で仕上がる製品が世界中のほとんどの製品で採用されています。

スタッフの中でも、このお酢美味しいという声が聞かれます。つんとする感じが柔らかいと思います。

是非、酢ひとつの味も感じてみていただければと思います。

今日も美味しく召し上がってください。


~~~
メサ・グランデのお料理は、毎朝一番に昆布・鰹混合だしを取ることから始まります。昆布などはもちろん国産です。献立は、野菜は地元(川崎市)で採れた、農家さん直送のものを生かせるように、毎日、考えています。
肉類、魚、タマゴは国内の生産者が丹精込めて育てたもの。(鶏肉は群馬チキンフーズによる、無投薬・非遺伝子組換え飼料で育った健康な鶏。豚肉は平田牧場のブランド豚「三元豚」。

米は山形県庄内の余目地区の特別栽培米。
調味料類は各メーカが非遺伝子組み換え・国産原料を使って伝統製法を守りながら作ったものを中心に。

0 件のコメント:

コメントを投稿