2013年9月2日月曜日

癒しのミニライブ 受付を開始いたしました!

2013年も早くも長月に入りました。週末は猛暑でしたが、トンボが
飛んでいたり、お野菜が入れ替わりつつあったり、確実に季節は
動いています。

長い夏につかれた身体を、やさしい音色に委ねて、心地よい
ひと時を過ごしたい・・・そう思って、企画しました。

癒しのミニライブです。
ケルト人たちが昔から奏で続けているアイリッシュ・ハープ。
その不思議とやさしく柔らかい音色は、思わず目を閉じて
しまいたくなるくらい、癒しを感じます。

以前、メサ・グランデをご利用になった鍼灸師の先生が、患者さん
の病気の痛みを緩和するために、ハープを弾いて聞かせると
おっしゃっていました。

確かに、それくらい美しく、心に響く音色なのです。


そんなアイリッシュ・ハープを、アーティストの息遣いまで聞こえる
距離で、いつものメサでお楽しみいただけます。

是非、おひとりで・ご家族と一緒に・大切な方と一緒に、
聴きにいらしてください。お子さんと一緒でも歓迎です。

◎日時:9月20日(金)開演19時(18時頃からお食事も召し上がれます)
◎場所:メサ・グランデ(新城5-2-13南武線「武蔵新城駅」南口2分)
◎お問合せ・お申込み:044-872-9795(メサ・グランデ)
お電話または、tachib@grassk.orgまでメールをください。
◎ミュージックチャージ: おひとり1500円+ワンドリンク以上のご注文を
お願いします。ライブを楽しみながらのお食事も可能です。

演目はこちらをご覧ください。

 【菅沼 安佐代】(すがぬま  あさよ)
ルネッサンスから現代までのイギリスの声楽曲の研究、紹介を行っている。ケルトの音楽を
はじめ、日本の唱歌や童謡、世界の名曲まで、レパートリーは幅広い。主に声楽、器楽の
伴奏を中心に活動。
【朝倉 未来良】(あさくら  みきら)
岩手県生まれ。中学生の時フルートを吹き始める。高校生の時、古い楽器を使った演奏に
出会う。その後は主に17~19世紀の西洋音楽を中心に活動するが、最近はジャンルに
こだわらず、単に心楽しませる音楽演奏を目指している。


0 件のコメント:

コメントを投稿