2013年10月22日火曜日

ポタージュのこと。

今日は小さい子ども連れのお母さんがいつも以上にたくさん
来てくれた、にぎやかなメサ・グランデでした。

そういう日は、特に、「スープランチ」がよくオーダーされます。
そう、皆さん、よくごぞんじなのですね・・・。

メサのポタージュは、密かに人気が高いのです。

「子どもが気に入って、ぱくぱく食べました」という感想が多く
聞こえてきます。

その作り方は?

国産で、芽止めなどの処理をしていないジャガイモと、にんじん、
玉ねぎの基本野菜を、じっくりトロトロと数時間かけて「重ね煮」
にします。

重ね煮は、一時静かなブームになりましたが、食物の陰陽の性質を
利用して、水を加えずにじっくりと火を通すことでその美味しさを
最大限に引き出す調理法です。

これに、季節の野菜を一つ合わせます。清行さんの長ちゃん
(長かぼちゃ)だったり、大介さんのブロッコリーだったり、

地元の野菜が使えるときは、地元のものを。

ポタージュに合うものが見つからない端境期は、青森産のごぼうや
宮崎産のパプリカをオーブン焼きしたものなどなど。

以上、4種類の野菜を、だしも使わずに、豆乳でのばしています。

ぽってりとしみじみ美味しいポタージュ。

お隣のミュールミュランで特注している天然酵母パンがよく合います。

今日は、直子さんのフェンネル入りのサラダを添えて、いっそう
おしゃれでした。

ポタージュは、モーニングサービスでも食べられますよ。




0 件のコメント:

コメントを投稿