2014年7月8日火曜日

8/3(日)旧暦で五節供を楽しむ会~七夕~

皆さまこんばんは。
いつもありがとうございます。

今日は暑い一日となりましたね。
昨日は、新暦で七夕でしたが二十四節気では【小暑】。
暑気がだんだんと盛んになる頃だそうなので、
なるほど納得。
キュウリやトマトなどの夏野菜で
ご体調を整えてくださいね。

さて、今回はもうひとつの時間軸、旧暦で五節供を楽しむ会のご案内です。



【旧ごよみと料理で 七夕の夕べ】

旧ごよみと料理で 七夕の夕べ


























●日 時:2014年8月3日(日)17:00~19:00

●内 容:旧暦のお話を聴き、旬のお料理(※)を頂きます。

●定 員:20名(先着順、定員になり次第募集を締め切ります)

●参加費:2,500円(ドリンクは各自別途オーダーお願いします。)

●申込み先:メサ・グランデ
        TEL・FAX:044-872-9795
        (お電話の場合、月~金曜日の、ランチタイムを除く10時~18時でお願い致します)
         E-mail:tachib★grassk.org (★を@に変えて送信ください)
      ※できるだけメールでのお問い合わせ・お申し込みをお願い致します。

●主催:【風力5】、メサ・グランデ   協力:たちばな農のあるまちづくり推進会議

   ・・・【風力5】・・・・・・
‘02年、書籍『旧暦と暮らす』(松村賢治著ビジネス社刊)プロデュースをきっかけに結成、フリーランスライター 小坂京子・相良高子・中村史江による書籍雑誌企画編集チーム。旧暦から見た持続可能な社会の在りようを基に、各分野とのゆるやかな連携を志す。’04年より、ビギナーのための旧暦メルマガ『カランドリエ』配信中。他に主な旧暦関係編集書籍に、『庵を結び、炭をおこす―続・旧暦と暮らす―』『続々と、旧暦と暮らす』(ビジネス社刊)、『暦に学ぶ野菜づくりの知恵―畑仕事の十二カ月』(家の光協会刊)などがある。


※献立予定(都合により変更の場合もあります)
  ・すいかのパンチ
  ・トマト奴
  ・すだち素麺
  ・豆鯵の南蛮漬け
  ・梅豚
  ・とうがんの水晶煮
  ・ラタトゥイユ
  ・水ようかん
           など




(以下、チラシより)

旧暦七月七日(新暦8月2日)は「七夕の節供」です。
銀河系星祭の宵に、天の川を挟んで住む牽牛と織女が年に一度の逢瀬。
となると、やはり旧ごよみが相応しいですね。
新暦7月7日では、梅雨が明けない地方もありますから。 
旧の七月(文月)はもう秋。心なしか空も透き通ってきたような――。
いえいえ、まだまだ猛暑の勢いは続くでしょう。
暑さに疲れた身体を整えるため、ここらでひと息!季節の恵みをいただきながらの、
こよみ噺の夕べにお出かけになりませんか。

笹の葉揺れる今宵、五色の短冊にこめて、星に願いを。





私、先日の着付け教室の成果を発揮すべく、
頑張って自力で浴衣を着て参加しようと思います!
という訳で、浴衣を着たい!という方の参加もお待ちしております♪




0 件のコメント:

コメントを投稿