2014年9月1日月曜日

アイリッシュハープとフルートの夕べ

今年も暑かった夏が終わりつつあります。
疲れた身体に心地よく響く、アイリッシュハープの音色に心をゆだねてみませんか。

ケルト民族が昔から奏で続けてきた美しい楽器。どこか懐かしい調べに心をうばわれます。
お一人でもゆっくりお楽しみいただけます。お子さんもご一緒にどうぞ!

◎日時:9月11日(木)開演19時
◎場所:メサ・グランデ 新城5-2-13南武線「武蔵新城駅」南口2分)
◎お申込み:044-872-9795(メサ・グランデ)
お電話または、tachib@grassk.orgまでメールをください。
◎ミュージックチャージ: おひとり2000円+ワンドリンク以上のご注文をお願いします。


夏の名残のバラ
~小さなハープと木のフルートのコンサート~
【曲目】
夏の名残のバラ
グリーンスリーヴズ
マイ ボニー
峠の我が家
野いちご
アヴェ マリア 他


【Indeed !  ダールネー 】
菅沼安佐代 ( アイリッシュハープ、歌 ) と朝倉未来良 ( ウッドフルート ) による、ピュアな音楽を追求するユニット。中世、ルネッサンス、バロックのヨーロッパの音楽から、アイリッシュ音楽、日本の唱歌、童謡まで幅広いレパートリーを演奏。
【 菅沼 安佐代 】ルネッサンスから現代までのイギリスの声楽曲の研究、紹介を行っている。ケルトの音楽をはじめ、日本の唱歌や童謡、世界の名曲まで、レパートリーは幅広い。主に声楽、器楽の伴奏を中心に活動。
  【 朝倉 未来良 】岩手県生まれ。中学生の時フルートを吹き始める。高校生の時、古い楽器を使った演奏に出会う。その後は主に17~19世紀の西洋音楽を中心に活動するが、最近はジャンルにこだわらず、単に心楽しませる音楽演奏を目指している。



0 件のコメント:

コメントを投稿