地域活動支援センター

メサ・グランデは、「食」を通じた地域コミュニティづくり。誰もが住みやすい地域社会づくりを目指して、さまざまなサービスを提供しています。
是非、地域の皆様の「こんなことやりたい!」が実現できる場に、していきたいと思います。

■ 開設の経緯
かわさき・みんなのキッチンプロジェクトについて
2011年~2012年度、神奈川県の新しい公共の場づくりのためのモデル事業として、かわさき・みんなのキッチン推進協議会(川崎市経済労働局/川崎商工会議所/NPO法人ぐらす・かわさきで構成)が、コミュニティビジネスの起業家を支援し、食を通じた人と人の出会いの場を作るために事業を開始しました。「新しい公共」とは、従来は官が独占してきた領域を「公(おおやけ)」に開き、市民、NPO、企業等がともに支えあう仕組み、体制を構築しようとするものです。市民、NPO、企業等が連携し、国民の多様なニーズにきめ細かく応えていくための事業です。

「食」をテーマに、地域の課題を見つめなおす機会を提供し、地域の人同士でつながり合うことで、コミュニティが形成されるような環境を作ること、また、その中からコミュニティの課題をビジネスの手法を持って解決する起業家を生み出す場として、女性や若者の就業支援の場としての機能を発揮することを目的としてワンデイシェフ、スペースレンタル、コミュニティビジネス起業支援の事業については、かわさき・みんなのキッチン推進協議会が運営し、そのほかの八百屋、惣菜、カテイカカフェ事業については、事業継続のため、NPO法人ぐらす・かわさきが独自に運営しました。
※新しい公共事業は2013年3月で終了し、現在は、NPO法人ぐらす・かわさきが単独で事業を引き継いで運営しています。

「食」を通じた地域コミュニティづくり。誰もが住みやすい地域社会づくりを目指す。
私たちの住む街は、都心までわずか数十分の便利な住宅街。だけど近所には、今も畑が点在しています。農家さんが一生懸命に守り、作り継いできたお野菜は、種類が豊富でとても元気です。一度食べたらそのおいしさに驚くはず。素敵な農家さんが私たちのそばにいることを知ってほしい。

野菜不足、孤食、朝食をとらない、食の安全の確保など、食に関する問題はたくさんあります。
そうした問題に対して、「地域」ができることがあるのではないか?そんな思いからこのお店はスタートしました。

「メサ・グランデ」は、「大きなテーブル」という意味。起業家を支援するために、そして、食を通じた人と人の出会いの場、地域のつながり復興の場としての役割を果たします。


2016年4月より、メサ・グランデはこれまでのカフェやコミュニティビジネス支援、子育て支援などの活動に加え、地域活動支援センターとして新たなスタートを切りました。

「地域活動支援センター」とは、障害をお持ちの方々の居場所、そして活動拠点であり、地域を支える場所として川崎市から認定を受け、補助金で運営される施設です。
精神障害をお持ちの方を主な対象としてはいますが、身体障害・知的障害を含む三障害をお持ちの方たちすべてを受け入れさせていただいています。
障害者手帳をお持ちの方だけに限らず、さまざまな事情でお住まいの外に出づらくなっている方、医療や福祉ににつながれず地域のコミュニティで孤立してしまっている障害をお持ちの方もご利用いただけます。

当事者の方々、お子さまやパートナーのことで負担と悩みを抱えていらっしゃるご家族の方々、ぜひ一度ご相談ください。
現在の主な活動としては、利用者とスタッフによるまかない作り、カフェや八百屋の手伝い、手芸、農作業などを行っています。

<まかない作り>
カフェのサブキッチンを利用して、利用者の皆さんとお昼のまかないを毎日作っています。
まかない作りといっても、スタッフが調理して利用者が食べるという一方通行ではなく、献立をたてるところから利用者の皆さんと相談しながら進めています。
献立、買い物、下ごしらえ、調理、盛りつけ、配膳、洗い物、片付け…こういったそれぞれの作業には必ずなにかしらのコミュニケーションが必要となりますし、原価計算、段取り、記録、衛生管理、デザイン(盛りつけ)、時間配分、チームワークなど、実社会で必要とされている仕事の要素がちりばめられています。
もちろん、みんなで食事をすることも大切なコミュニケーションの機会であることは言うまでもありません。
また、八百屋で仕入れた野菜やカフェで使い切れなかった食材などを使い、ささやかながらフードロスの削減にも貢献しています。

<カフェのお手伝い>

カフェは月曜日から金曜日の午前9時から午後6時まで営業しています。
地域活動支援センターは、カフェと同じ場所で運営しているため、一般のお客様がランチやお買いものをしにいらっしゃる環境で過ごしていただきます。
このような環境ですので、利用者の皆さんのご希望をお聞きしながら、カフェのお手伝いもしていただけます。就労ではなく、あくまでも‘お手伝い’感覚でかまいません。やってみたくなったらご自分のできるところだけ参加頂けるのが特徴です。

<八百屋のお手伝い>
メサ・グランデは八百屋もやっています。お店の外のオーニング(ひさし)の下に台を置き、野菜を並べて販売しています。
近くの農家さんから毎日仕入れる採れたての野菜を並べたり、値札をつけたり、補充したり。
季節の野菜の名前や食べ方も覚えられます。

<手芸>
利用者の趣味のサークルとして、手芸品作りもしています。
コースターを縫って刺繍を施したり、編み物をしたり、少し難しい折り紙を折ったりしています。

<農作業>
野菜を仕入れている近隣の農家さんの畑やビニールハウスに農作業のお手伝いに行きます。
野菜を収穫したり、収穫の終わった農作物の片づけをしたりします。
お土産もいただけます。(参加費がかかります。)

お問い合わせ歓迎:044-872-9795 (地域活動支援センター メサ・グランデ)

■ メサ・グランデの利用例


平日10~17
近隣の農家さんから届く
採れたて野菜の販売
地元の農家さんが、手間暇かけて作った、季節ごとの新鮮なお野菜をおすすめします。今まで、農家さんの軒先でしか買えなかったお野菜が一堂に集まり、いろいろ選べます。
平日9~17時
お野菜たっぷりの
ランチ・お弁当やカフェ
野菜を中心としたメニュー構成です。野菜以外の食材にも安心・安全なものを使います。心を込めて手作りする家庭の味が味わえます。店内で、ゆっくり楽しい時間をお過ごしください。
土日祝
ワンデイシェフ
「お店貸します」
飲食店を開店してみたい、でも資金や腕がまだまだ・・・そんな方は、是非当店でワンデイシェフをやってみませんか?期間限定で自分のお店を開店できます。
土日祝
レンタルスペース
・レンタルキッチン
食育等の講座を開催したい人にキッチン付きスペースを貸し出す。料理教室以外にも、さまざまな講座やパーティでも利用可能。
家庭科カフェ「地元野菜自炊カフェ」(終了しました)
来店者は、野菜や食材を購入し、レンタル用厨房で調理して食事できます。冷蔵庫が空っぽな時や、少し料理をする気分なとき、一緒にご飯にしませんか。
水・土午前他
コミュニティビジネス
起業相談・交流会
ぐらす・かわさきはコミュニティビジネスの起業相談窓口や実態調査を行ってきました。コミュニティビジネスにご興味がある方に起業相談も行っております。講座も開催しております。